小さい部品の切削加工専門メーカー・斉田製作所
弊社は小さい金属部品・パーツの切削加工専門メーカーとして、また切削部品製造のプロとして、 機械を使う立場で独自開発した世界で唯一のマイコン制御のカム式自動旋盤を使って、 真鍮製の切削部品の安定した品質と低価格、コスト削減でお役に立ちたいですし、 精度の高い小物ねじ部品製作でも、きっとお役に立ちます。 有限会社 斉田製作所
〒197-0831 東京都あきる野市下代継292
TEL : 0120-496-001
FAX : 0120-496-003
 下記が、小さい金属部品・パーツを、最適なQ.C.D.S.で切削加工する事ができる理由です。  (Q:品質 C:コスト D:納期 S:技術サービス)
 下記の箇条書き部分をクリックすると、その詳細を説明するページにリンクします。
  • プロが教えるコスト削減法 (詳細へ)
    • 金属切削加工のプロの目からコストダウンできる加工を考え、単価・価格を安くする最適な形状提案 を進言できると、確信しています。
    • 最適な形状提案は ”必要な部品機能” を維持したまま、カム式自動旋盤でコストダウン可能な、加工しやすい形状を提案して、 製造コストを低く(コスト ダウン)し、見積り単価を安くするために行います。
  • マイコン制御のカム式自動旋盤とは (詳細へ)(写真をクリックすると、大きく表示します)
      マイコン制御の自動旋盤
    • マイコン制御のカム式自動旋盤 (右の写真)では、ねじ切削加工時には主軸回転を遅く(2,000rpm)して、普通切削加工時には主軸回転を早く(6,000rpm)してと、 切削加工の途中で最適な主軸回転数(rpm)にできますので、金属製部品の製造能率が上がります。
    • また、カム軸の回転数(rpm)も、切削加工の途中で自由に設定できますので、切削していない工程はカム軸を早回し(60rpm)できるので、 金属製切削部品の製造能率がぐ〜んと上がります。
                 (右下の写真は、手作り感溢れる自社製の操作盤です)
    • マイコン機の操作盤
    • ねじ加工は、バイトによる切削加工(チェーシング加工)ですので、ネジ製作を行う上でネジ品質・精度の高度化と安定性に優れます。 また、ネジピッチは、自由なJIS規格外ネジピッチが製作可能ですし、ねじ山の角度も、バイトの角度を変えることで、50度、70度、90度など、自由なねじ山角度の製作が可能です。
  • 材質は真鍮に特化 (詳細へ)  (写真をクリックすると、少し大きく表示します)
      lead-screw
    • 鉄系の材料(快削鋼:SUM24L、ステンレス:SUS303相当)も、加工できない訳ではないのですが、いかんせん剛性の低い自動旋盤ですので、鉄系の材料は加工が得意ではないのです。 加工が得意ではないと言うことは、弊社では鉄系小物パーツのコストが高くなると言うことです。
  • 小さい切削部品の製作に特化 (詳細へ) (写真をクリックすると、少し大きく表示します)
      stud-pin
    • 小さい部品の切削加工専門メーカーである弊社では、直径がφ3mm以下(φ2.5mm、φ2mm、φ1mm)で、全長が5mm以下(L4mm、L3mm、L2mm、L1mm、L0.7mm)位の部品を、得意としています。

  • 丸物形状に特化 (詳細へ)  (写真をクリックすると、大きく表示します)
      pin-joint
    • 他社との差別化から自社改造したマイコン制御のカム式自動旋盤での、金属製の単純な丸物切削加工にこだわって、小さい部品の切削加工専門メーカーとして生き残っていきます。
    • 金属製の単純な丸物切削部品においては、生産性においても、品質管理の点においても、他社に引けは取りません。
  • 時系列の品質管理に CS を利用 (詳細へ)  (写真をクリックすると、大きく表示します)
      8型のカウント・セレクター
    • 弊社では、夜間の自動旋盤は無人で加工を行っています。時系列で部品の品質管理をするために自社開発したのが、カウント・セレクター(CS)です。 一缶に設定した部品ができると、上から見て時計回りに1ステップだけ動いて、缶(入れ物)を自動で交換します。
    • 全部の缶に製品が設定数入ると、『CS満杯』として自動旋盤を停止させます。
    • 時系列で部品の品質管理をすると、夜間の寸法変化や、工具の磨耗状況が管理し易くなります。 万が一、夜間に途中でバイト欠けなどで部品の品質不良が発生しても、良品の缶と不良品の混入している缶とを、缶別に切り分ける事が可能となり、より安定した部品品質が保てます。 夜間に無人で加工した製品が一つの大きな缶(入れ物)に入っていたのでは、時系列での部品の品質管理は不可能です。
  • 切粉はデルチップで機外に自動排出 (詳細へ)(写真をクリックすると、大きく表示します)
      デルチップ
    • 夜間の長時間稼動が出来ないのでは、部品価格が安くなると言うカム式自動旋盤の長所が発揮されません。そこで、切り粉だけをカム式自動旋盤の機外へ、自動的に排出する機械を作りました。 その切り粉排出機械がデルチップ(右の写真)という、自社で開発・製造したスクリューコンベアーです。
  • 切削工具は99%を自社製作 (詳細へ)
    • 切削工具を99%自社製作しているのは、工具代を抑えてコスト削減するのも一つの理由ですが、一番の狙いは、自社で切削工具を設計・製作することで加工技術の向上サイクルを自社内で回して、部品加工技術の更なる向上で部品コストを削減するのが本来の目的です。
 上記のこれらが、小さい金属(真鍮)部品・パーツの切削加工の専門メーカーとしての、誇りと自信に繋がっています。

★ 東京都環境局の賢い節電 & 省エネ対策事例レポート(2012年夏) に選ばれました。
★ 東京都環境局の賢い節電 & 省エネ対策事例レポート(2011年夏) に選ばれました。


 下記の動画は、弊社での小さいイモネジ(DELscrew)を紹介しています。

ここは、トップページです。

前のページに戻る